就職・転職
就職・転職に関する情報。
TOP

Blog(学習記)使用教材英語遍歴その他プロフィール
TOEICを100点レベルから700点に持っていく | 猫情報 | 就職・転職 |
#####################################################################################
\就職・転職\「雇用保険」退職前に確認するべきこと

転職をする場合、在職中に仕事を探し、決まってから転職するのがベストです。しかし、仕事が忙しすぎて在職中での求職活動が困難!という方も多々いるでしょう(私もそうでした)。 その場合、次の仕事が決まるまでの空白期間をどうやって暮らすのか?という点は重要な問題です。基本的には雇用保険で生活を繋ぐことになりますが、退職する前にぜひ確認してください! ちょっとの違いで、受給内容に大きなひらきが出ます。

●確認しておくべきこと
受給期間が決まる条件は、「退職時の年齢」「被保険者であった期間(前職で何年働いていたか)」「退職理由(自己都合か会社都合か」の3点です。 詳しくは”ハローワークのサイト"を見ていただきたいのですが、ポイントは以下です。

・退職時の年齢
年齢が上がるにつれて再就職も厳しくなるでしょうから一概にはいえませんが、例えば「29歳で退職した場合と30歳で退職した場合」には受給期間が違ってきます。一応頭に入れておきましょう。

・受給期間を確認する。
例えば、「被保険者の期間が4年の場合と5ねんの場合」や「9年の場合と10ねんの場合」では受給期間が全く違ってきます。被保険者期間はハローワークで確認できますから、自分が会社に何年勤めているのかわかっていても、念のためハローワークで確認をとっておくのが安全でしょう。 また、現在その境目にいる場合は、条件が満たされるまで退職時期を少し伸ばすのが賢明でしょう。

・退職理由
自己都合→受給期間が短く、受給が始まるまで3ヶ月の待機期間がある。
会社都合→受給期間が長く、待機期間は7日間
ということで、受けれる恩恵が全く異なります。正直、ブラック会社で働いていてこのまま働いていたら過労死しそうだ!うつ病になりそうだ!という方もいるでしょう(私もそうでした)。 この場合でも自己都合になってしまうのでしょうか?いえ、方法があります。これが会社を辞める前に確認しておくべき最も重要な点です!

●退職理由を変える
ブラックな労働環境で働かれている方、本当にご苦労さまです。受給期間が長い、いわゆる「特定受給資格者」という範囲には、以下のような内容が含まれます。

(5) 離職の直前3か月間に連続して労働基準法に基づき定める基準に規定する時間 (各月45時間) を超える時間外労働が行われたため、 又は事業主が危険若しくは健康障害の生ずるおそれがある旨を行政機関から指摘されたにもかかわらず、事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかったため離職した者

つまり、離職前の3ヶ月間に45時間を超える残業が連続してあれば、「特定受給資格者」となれるわけです。 会社からもらう離職票に、退職理由が”自己都合”と記載してあっても、雇用保険の受給の手続きをする際に、この残業時間を証明できるものを添付して 異議申し立てを行えば、特定受給資格者への道が開けます。
”特定受給資格者として認められるかどうか”という審査・判断は各地のハローワークで行いますので、”証明にどんなものが必要か”という部分は、必ず自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークで 確認してください。私の場合は残業時間が記載されている給与明細を持っていきました。一応3ヶ月分が証明できればよいんですけど、私は恒常的に過剰な残業が行われている点をアピールする為に1年分持っていきました。

また、私の場合は明確に残業時間を証明できるものがあったからよかったんですけど、職場によっては”実際の残業時間が表に出てこない”ところもあると思います。私はその点では恵まれていたようです。 その場合も、まずハローワークに行って相談してください。ブラック会社に屈してはいけません。また、パワハラ・セクハラ関係でも特定受給資格者の権利があるようですので、 そういった場合も相談するとよいでしょう。

※おまけ
前職での人間関係がうまくいっていたのであれば、極力前の会社に迷惑をかけない形で退職するのが筋でしょう。 その点で、退職理由を会社都合のような形にして問題ないのか?具体的には、過剰な残業は労働基準法的にまずいわけ だから、これをやることによって労働基準監督書から会社に連絡がいったりしない??などといった事です。
これについては、”ハローワークと労働基準監督署は全く別もの”で連携していないそうなので、大丈夫だそうです。まあ、お役所的ですね。



お問い合わせ